薄毛や抜け毛の悩み解消サイト 薄毛バスターズ

20代から60代まで薄毛の悩みを解消  育毛剤・AGA治療を徹底比較!

30代の薄毛の原因と対策

      2018/01/31

30代の薄毛の原因

30代になると薄毛を気にする人の割合が急激に高くなってきます、なんと30代の約20%の人が薄毛に悩んでいます。

男性型脱毛症(AGA)が原因

成人男性の薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)によるものと言われていますが30代から薄毛が始まる人が多いようです。

30代男性が発症する可能性のあるAGAは、「ヘアサイクル」と呼ばれる髪の毛の成長サイクルが乱されることによって、抜け毛や薄毛が起こる脱毛症です。


ヘアサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」
のいずれかの状態にあり正常時であれば成長期が
一番長く通常2~6年続きます。

しかしAGAの乱れたヘアサイクルでは成長期が「数か月~1年程度」と短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。
退行期・休止期に移行した髪の割合が増加することで、結果として抜け毛が増加し細く短い毛髪が増えることによって薄毛がどんどん進行していくわけです。

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロン(DHT)は同じく男性ホルモンの一つであるテストステロン5αリダクターゼという酵素が結合することによって生成されます。

テストステロンは、性欲や筋肉・骨の形成に関わる大切な男性ホルモンですが、5αリダクターゼと結合することによって、薄毛を引き起こす男性ホルモンに変換されてしまうのです。

30代ともなると社会的責任も重くなりそれに伴うストレスなども増えてきます、強度のストレスによりホルモンバランスの乱れが起こりDHTが生成されAGAを発症するケースもあり得ます。

30代の薄毛は遺伝による要素が強い?

巷ではハゲは隔世遺伝だなどとよく言われますが、この話には少なからず根拠があるようです。

薄毛に関する遺伝子の情報は、男性の場合母親から受け継がれると言われています、母方の祖父が剥げている場合、自分も将来的にハゲになりやすい体質の可能性があるのです。

また5αリダクターゼの分泌量も遺伝する可能性があると考えられています、5αリダクターゼの分泌量が多いほど、薄毛を引き起こすジヒドロテストステロンが生成されやすくなるため、AGAを発症しやすくなります。

頭皮環境の乱れが薄毛・抜け毛の原因

頭皮環境の悪化は20代の時と同じように生活習慣の乱れが原因です。

偏った食事による栄養バランスの乱れ、睡眠不足、運動不足、過度な飲酒や喫煙による血行不良は慢性化すると頭皮環境を乱す原因となります。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足し、髪の毛が健康に成長できなくなってしまいます。

その結果として「ヘアサイクル」の乱れが生じ、薄毛・抜け毛の原因となるのです。

30代の薄毛の対策

AGA治療薬を試す

男性型脱毛症(AGA)の最も効果的な治療法はやはり専門の医療機関で診断を受けミノキシジルプロペシアといったAGA治療薬を処方してもらい継続的に服用することでしょう。

ミノキシジルは、髪の毛の毛根部分に存在する毛包に働きかけることで、薄毛の治療効果を発揮するAGA治療薬です。

薄毛の治療効果が認められたミノキシジルの発毛効果は、大きく分けて2つあります。

①:髪の毛の成長期が維持・延長され髪の毛の早期脱毛を早期脱毛を防ぎます。

②:休止期に入った髪の毛の毛包を活性化させ、新しい髪の毛の発毛を促進させる効果があります

AGA治療薬プロペシアの有効成分「フィナステリド」も、薄毛の治療効果が認められています。

フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを生み出す「5αリダクターゼ」の働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制し、薄毛の治療効果を発揮します。

2015年9月に厚生労働省から認可を受けたザガーロの有効成分である「デュタステリド」も、フィナステリド同様、5αリダクターゼを阻害する働きを持っています。

デュタステリドは、フィナステリドよりも強力な5αリダクターゼ阻害効果を持つため、フィナステリド以上の薄毛治療効果が期待されています。

これらのAGA治療薬は薄毛の改善に効果を発揮しますが、それに伴う副作用も懸念されていますので、専門医と相談のうえでの使用をお勧めいたします。

育毛剤(医薬部外品)で薄毛予防

30代の方はハゲ予備軍です、特に身内に薄毛の方がいる場合は何もせずにいると将来ハゲになる確率は非常に高いと思われます。

しかしまだ飲む育毛薬を試すのは早い気がします、現在AGAの治療薬「飲む育毛剤」として厚生労働省が認可した薬はプロペシア(主成分:フィナステリド)ザガーロ(主成分:デュタステリド)です。

これは体内の5αリタクターゼを抑制する作用があり、これにより脱毛要因:ジヒドロテストステロンの生成を抑えて抜け毛を止める効能があります。

しかしプロペシアには副作用があります、良く言われるのが「男性機能への悪影響」つまり精子の減少や勃起機能不全になる可能性があると言われています。

30代は家庭を持ち、子作りを考え始める大事な年代です、内服薬を使用する場合は専門医の適切な処方を受けることが大切です。

30代では副作用がなくプロペシアなどの医薬品と同様の働きがある育毛剤から始めるのが良いのではないかと思います。

イクオスサプリEX

育毛サプリメントで頭皮環境を整える

育毛サプリメントで「ハゲにくい体質をキープ」することは30代の薄毛対策において重要な有効手段です。

☆イクオスサプリEX

イクオスサプリEX●モンドセレクション2017金賞受賞
●配合成分数業界最大級 46種類

・ヘアサイクルを整え実感へ導く7代成分配合
・必須アミノ酸9種類全配合
・最強の海藻エキス、ガニアシ配合
・さらに!24種類もの厳選成分を配合

☆チャップアップ育毛サプリ

チャップアップサプリ(ハゲない)●ヘアケア・健康維持成分を18種類配合
ノコギリヤシ・亜鉛・フィーバーヒュー
(ナツシロギク)等を独自の監修で配合
無添加無香料なので安心の健康食品です
●安心の永久全額返金保証書付き
●お得な定期便なら1箱 4980円

☆メンズミレット育毛サプリ


●飲めば実感! ドリンクサプリ
・100倍濃縮ミレットエキス4600mg配合
・栄養吸収効果、錠剤の5倍
●副作用が心配なホルモン剤は一切不使用
●驚異のリピート率93%
●30日間返金保証付き

 - 年代別薄毛の原因と対策